AD

クロネコヤマトのヤフオク配送サービス「ネコポス」。

久々にオークションを再開したので使ってみました。

使い方を画像つきで説明してみますね。


-shared-img-thumb-KAZUP1090073_TP_V.jpg 

AD


ネコポスとはどんな配送サービスで何が便利なの?

まずはネコポスのサービスを確認してみましょう。

 

  料 金    全国一律205円.

  サイズ    A4サイズ(厚さ2.5cm 重さ1㌔以内)

         *ポストに入らない場合は持ち戻ります。

  保   障          荷物の破損・損失に対する引受け限度額3,000円

  配 送    全国翌日配送

         *一部地域を除く

 

料金205円で3,000円とは言え補償があるのは画期的。

翌日配達、追跡調査は可能、そして住所は自動記入。

サイズさえ合えば、至れり尽くせりのサービスですね。

 

発送までの手続き

まずは出品時に配達方法に「ネコポス」を追加。

落札者が「ネコポス」を選択すると配送手続きが可能となります。

今回はスマホで手続きしました。

 

取引連絡をクリック

f:id:juno1123:20160414010220j:plain

「二次元バーコードを発行する」をクリック

f:id:juno1123:20160414011001j:plain

「発行する」をクリック

f:id:juno1123:20160414011032j:plain

この画面をスクリーンショットしておくと便利。

これで発送の準備は完了!

 

 

次はファミリーマートへ荷物を持ち込みましょう

【追記】サークルKでも発送可能になりました。

荷物を梱包しましょう。

f:id:juno1123:20160414011347j:plain

今回はA4サイズの茶封筒に梱包しました。

なんとかギリギリ2.5cm。

重量は1㌔までです。

f:id:juno1123:20160414011505j:plain

Famiポートで伝票を発行しましょう。

f:id:juno1123:20160414011601j:plain

f:id:juno1123:20160414011636j:plain

登録情報が画面にでますのでまずは確認、

f:id:juno1123:20160414011909j:plain

OKなら下のバーコードリーダーにスマホをかざしましょう。

f:id:juno1123:20160414011946j:plain

読み取ると下からレシートが出てきます。

このレシートと荷物を持ってレジへ。

f:id:juno1123:20160414012030j:plain

あれれ、はこboonと同じレシート入れですよ。

伝票もほとんど一緒。

店員さんが伝票入れてくれました。

f:id:juno1123:20160414012137j:plain

伝票を受けとります。

これで発送手続き完了です。

とっても簡単ですね。

 

ただし、今回は1点だけなので大丈夫ですが

はこboonと一緒で複数あるとやっかいですね。

伝票を貼り間違えるととんでもないことに。。。

 

 

発送の完了を確認してみましょう

この日はファミマへ持ち込んだのが6時を過ぎていたので

お店の荷物はすでに集荷済みだったらしく

発送完了済みの画面に変わったのは翌日。

ちゃんと伝票では、配達日は翌々日の日付になってました。

 

f:id:juno1123:20160414012741j:plain

 

取引ナビ画面から荷物の配送確認場面に飛べます。

URLの上に追跡番号の記載があり、これまた便利ですね。

 

料金ですがファミマのレジで請求されていないので

ウォレットから請求がくるようです。

 

 

受取完了通知も自動

f:id:juno1123:20160414013009p:plain

予定通りに荷物は翌日に届きました。

受取通知がきたのは受取人は留守だったので

落札者からの受取完了通知も自動のようです。

 

*ここで注意したいのは

ナビに反映される発送完了・受取完了の通知は

クロネコヤマトのシステムと連動しているということです。

  • 発送完了=ファミマからの集荷完了
  • 受取完了=クロネコヤマト投函完了(宅配BOX含む)

自分がファミマで発送した日、落札者が実際に手にした日ではありません。

そのため発送完了の通知が自動で送られるのも翌日になる場合があります。

 

 

”ネコポス”出品者にも落札者にも便利なサービス

出品者としては

住所の記載がないと記入間違いに怯えることもないし

追跡用のバーコードがあれば未発送の濡れ衣も回避できます。

番号を記入する必要もなく、自動通知です。

また発送手続きもコンビニのため24時間可能。

(まあ、赤ポストも24時間だけど)

 

そして落札者としても

保障があるのは嬉しいし

バーコードで追跡ができるのも安心。

料金も安価で翌日配達。

 

デメリットと言えば

複数の発送の場合は手間と(貼り間違えの)リスクが大きいかな。

3点くらいまでなら許容範囲ですが、それ以上だと要注意ですね。


個人なら出品数もしれているでしょうし、

3,000円までですが保障もあるのは双方安心ですよね。

本や洋服などは便利に使えるのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。


↓使ってみたいって方は是非こちらをクリックお願いします(´ω`人)↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村


関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加