スポンサーリンク
デイサービス3日目。
9時半のお迎えに間に合うように自転車を走らせる。
そろそろ1人で下へ行って欲しいが、鍵とかが心配。

家につき、まずはデイサービス用のバッグ。
先日揃えていったのがそのまま玄関に置いてある、バッグよ~し!
次は鍵が下駄箱のトレイに入っている、鍵よ~し!
そしてお財布の入ったお出かけ用のポシェット、

・・・・・ない(゚д゚)

和くずプリン1 


あれれ?
いつもリビングの壁にかけてあるのにないじゃん。
あの中にお財布入ってるのにorz

その辺りを探すが見当たらない。
そのうちにお迎えの電話がかかってきた。
玄関で見送った後そっと後をつけたが、エントランスを出てからまた反対方向へ歩き出す。
そこはデイサービスのお迎えの方がすかさず追いかけてくれた。
出かける時に「公園側だよ。」、と言ったのに・・・orz



母の家に戻り、とりあえずお財布の入ったポシェットを探す。
あっちの部屋、こっちの部屋を探し、これ以上どこ探すんだよっ!!
と思ったら、なんとTV台の中に入っていたΣ(゚д゚|||)

なんでこんなところに入れるんだろう。
たぶん、入れた時には母なりに何か思いついたんだろうねぇ。
財布をチェックすると、先週入れておいた敬老パスがない。
もの忘れ外来に行った時、いつも入ってるはずの敬老パスがなくて現金を払って乗った。
帰宅してから探しだし「出しちゃダメだよ!」と入れておいたのに|ω・`)



どうしたものかと、ため息をつく。
母の家はクーラーが無いのでベランダが開けっ放しでよい風が入ってきた。
風に吹かれて、落ち着こうとベランダにでる。
すると不思議な光景が目に飛び込んできた。

以前、鉢を並べていたベランダに置いたベンチに布団がちょこんと乗っている。
きちんと3つ折に畳まれているので、干してある訳ではなさそうだ。
あまりに自然なので、もしかしてわざとかしらと押入れを確認してみる。
いつも布団をしまっている押入れは空だ。

これも神の啓示があったのだろうか。
「よい天気だから外においておきなさい。」と。
それでもきっと寝る前には、啓示があったのも忘れて布団を探すだろう。
部屋の中に戻しておく。



どうなんだろう。
わたしが来なければ、母は何事も無かったように布団を見つけ寝るのだろうか。
ポシェットも見つけ出すのだろうか、思い出すことはできなくても自分で入れた訳だし。
母には母のペースがあるのかもしれない。

よし、そうゆうことにしておこう。
財布がなくなっても、なぜかその辺にお金をいれた封筒やら小銭入れが隠してある。
(本人は隠してるつもりはないのかも。)
布団も一組しかない訳じゃない。
電話は毎日してるし、3日に1度は顔を出しているから何とかなるだろう。
そもそも命にかかわることじゃないし。

1人で暮らせないとなったら、もう施設のお世話になるしかない。
施設のお世話になるのには、さほどの抵抗がある訳ではないが出来るだけ先にしたい。
「もうちょっと頑張ろうね、ばあちゃん。」
自分に言い聞かせながら、母の家を後にした。

50代 自分らしさ人気ブログはこちら
50代家計管理・貯蓄の人気ブログはこちら

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加