スポンサーリンク
さて、今日はデーサービスの2日目でした。
慣れてきたら、朝は付き添いなしで一人で行って欲しいと思ってます。

朝早い時間に送り出すためだけに、クソ暑い中自転車で20分走るの大変。
それに朝一人で行ってくれれば、他の日に半日母に付き合えるからです。

キムラカフェモーニング6 


日にちや曜日もあやふやなので、前日夕方わたしが「明日はデイサービスをだよぉ。」と電話をいれます。
用意をしておいたバッグはちゃんと玄関にあるか、お財布をいれたポシェットは大丈夫かを電話で確認。
当日朝は、毎朝安否確認している姉に「今日はデイサービスだよー。お迎え来るよー。」と声かけしてもらいます。

おかげで、お迎えの少し前に到着した時には行く気満々。
お風呂を楽しみにしているようでした。
やっぱり湯船に入るのは気持ちいいですよね!

先週は「もうすぐ着きます」の電話がわたしの携帯にかかってきましたが、家電にかけてもらうようにしました。
その電話を母が取り、玄関前で見送ります。
暑いからお風呂でさっぱりしておいでね
と言うと、嬉しそうに行ってきますと出て行きました。


エレベーター乗り場へと姿が見えなくなると、わたしも出動w
エレベーターに乗ったのを確かめてから、階段で下におりました。
なんか初めてお使いみたいだわw

ところが下に降りると待ち合わせ場所に母がいない!
慌てて探すと、反対方向に歩いていました。
耳が遠いので呼んでも気づかないので、慌てて後を追いました。

「ばあちゃん、こっちで待ってるんだよー。」
マンションの東はちょっとした広場になっていて、その通りに車が迎えにきてくれます。
反対方向に歩いて行くとは想定外、いや当然に想定するべきでしたね。

広場まで一緒に歩いて行くと、まだお迎えの車は来ていませんでした。
「不安だから、あんこちゃんお迎えくるまでは一緒にいて。」
母を不安にさせるとは、ちょっと失敗でした。
次回からは、「広場で待っていてね」と電話の時に行ってもらおうと思います。

先週はなくしてしまった鍵は、どこかから出て来たみたい。
とりあえず予備作っておこう。

デイサービスの担当がすごく良い方で、マメに連絡をいただけるので助かってます。
話を聞いてもらうだけで気持ちが楽になるし、プロのアドバイスももらえます。
母も喜んでいるし、デイサービスのおかげで大きく一歩を進めたような気分です。

50代 自分らしさ人気ブログはこちら 
にほんブログ村 家計管理・貯蓄(50代)
関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加