スポンサーリンク
また毒姉の愚痴になるので嫌なら右上の×押しちゃってください。
もうね、書いてる自分も嫌になってきてます。

自分の都合のいいようにしか考えない長女姉は、本当に百害あって一利なし。
母が認知症になるまでは、姉と上手く付き合えないのは自分にも非はあるだろうと思っていました。
けれどもう、そんな思いは吹っ切りました。
あんなの「姉」ではなく、ただの強引強欲のモンスターですね。
今後の人生であの人と交わることはないでしょう。

IMG_0154.jpg 

毒姉長女は自分の孫の運動会だの誕生日、初参りなど、事あるごとに母を連れ出します。
マメなことで、自分が母孝行なところを自慢したいのかしら、なんて思っていました。
けれどそれは甘い考えでした。

先日次女姉から電話で聞いた話です。
仕事帰りに母のところへ顔を出した時、ちょうど毒姉長女姉から母に電話があったそうです。
どうやら長女姉家の長男が新築祝いを週末にやるので、母も迎えに行くと言う話のようでした。

電話を切ると、母が財布を出してきてオロオロしだしたそうです。
「やっぱり2万円しかないからお金を下ろしてこないといけない。
日曜日に迎えに来ると言ったけど、日曜日は銀行があいてないからどうしよう。」

次女姉「2万しかないなら2万円だけ包めば良いじゃない、ばあちゃん。」

母「いや、2万でいいかと聞いたら不満そうだった。銀行はどうしよう。」

次女姉「ばあちゃん、大丈夫だって。行くのは日曜日だけど今日は木曜だよ。
明日はまだ金曜日で銀行開いてるから。」

認知症で日にちも曜日もわからなくなってしまった母。
オロオロする姿を見ながら、次女姉もかわいそうになってきたと言っていました。



結局姉が母を連れ出していたのは、母からお金を搾り出すためですね。
今までも甥っ子の結婚式など、お祝い以外に何かと高額なものを買わせていたのは知っていました。
けれどまさか86歳で少ない年金暮らしの母からお祝い金まで、しかも金額まで文句をつけて請求しているとは想定外でした。

次女姉の娘3人も結婚し、みんな家を買っていますが事後報告でお祝いはもらっていません。
貰っているのは出産祝いのみ。
孫の誕生日だの運動会だの、いちいち報告もしていません。
いったいあの人は、どこまで強引強欲なんでしょうね。


もちろん母が資産持ちなら目もつぶりましょう。
けれど、グループホームなど施設に入れることが具他的になりつつある今。
年金12万では毎月の費用はとても賄えません。
母の貯蓄やマンションを売却して、それでも足らなければ子ども4人で負担することになるでしょう。
姉の強奪を放置する訳にはいきません。


毒姉には説明してわかってもらうのは無理でしょう。
兄弟4人いる前で、具体的かつ理論的に納得させなければなりません。
弟に母のお金の管理を任せたいと思っているのですが、彼も忙しいようでなかなかこちらへ出て来られないようで話し合いができません。
一人っ子の介護も大変でしょうけれど、兄弟がいても大変ですね。

50代自分らしさ人気ブログはこちら 

スポンサーリンク

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加