AD
「ねえ、はちみつを赤ちゃんに食べさせてダメって知ってた?」
「ああ、あのニュース?
知ってたよ、だって蜂蜜のボトルに書いてあるじゃん。」と夫。
「だよねぇ。。。」

けれど気になって、我が家の食器棚にある蜂蜜の瓶を見てみると注意書きはなかった。
以前いただいた、ちょっと高級そうな蜂蜜。
20170410023700f85.jpg 

AD


わたしはどこで知ったんだっけ?
確か育児書だと思うけれど、保健所でも指導を受けた記憶がある。

そしてネットで話題になっていて驚いたのが、
あのクックパッドで「はちみつ 離乳食」で検索すると140以上ものメニューがヒットするらしい。
「本当なの?」と思って検索してみたら確かに140ヒットしちゃったよ。
20170410023720800.png 

中にはちゃんと「はちみつを使わなければ離乳食に使えます。」と注意書きのあるメニューもある。
けれど基本的には離乳食=1歳未満だよね?
もちろん亡くなった子の母親がクックパッドを参考にしたかはわからない。

「子どもに与えるものは親の責任、ネットを鵜呑みにするのが悪い。」
との意見もあるし、その通りなんだろう。

けれど収益目的でメニューを載せている、大手のクックパッドには全く責任がないと言えるの?
せめて悲しい事故が繰り返さないために紛らわしメニューは訂正するか削除しようよ。
それくらいの対策はしてもいいんじゃないの?


それでなくても最初の子を出産したお母さんは孤立しがちだと思う。
小さな子がいては外出もままならないし、自由な時間もないしさ(´・ω・)

わたしだってあの頃にネットがあったらどれだけよかったかと思う。
だってママ友もいない孤独なわたしは、育児雑誌の募集欄で同じ歳生まれのお母さんと「回覧ノート」やってたのよ。
5人くらいのグループでノートを書いて郵送で回すの。
昭和だなぁ( ´,_ゝ`)プッ
あ、長女は平成3年生まれだけどね。

結局はグループの1人が駆け落ちしたとか言って1年もしないで終わりになった。
「わたし駆け落ちしたから、このノートを回す意味がなくなったの。」って。
今思うとなんで「駆け落ち」したのにノートが手元にあったんだろうね|ω・`)



あ、話がそれちゃった。
つまりは孤独なお母さんたちにとってネットは重要な情報収集ツールだよね。
そんなお母さんが「おいしい離乳食を食べさせてあげたい」と検索して、
たまたまはちみつを使ったメニューに目がとまったら?
そして「はちみつが乳児にNG」ってことを知らなかったら?

だって140ものメニューがヒットするんだもの。
そのメニューをアップした人の半分くらいは「はちみつ乳児にNG」ってことを知らなかったなんだと思うわ。
知っていてメニューを載せることはないと思うわけ。


わたしが出産した頃と違って、
こんなにも簡単に、しかも雑誌なんかと違ってタダで欲しい情報が手に入る時代。
情報は溢れているのに、こんなに重要でシンプルな情報が届かなかったって本当に悲劇だ。

亡くなられたお子さんのご冥福をお祈りします。
そしてこんな悲劇が起らないように、賢い人に何かよい対策を考えていただきたい。
(完全な他力本願だな。)


スポンサーリンク

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加