スポンサーリンク
うちの母もだけれど、最近義父もなんだか言動がおかしいことがある。
B型夫よりも私の方が病院や税理士さんに付き添ったりしているのでわかるのだ。

-shared-img-thumb-KAZUP1090073_TP_V.jpg

日曜日も義実家へ行き、叔母さんの相続の件をお願いしている税理士さんのところへ夫と義父と行ってきた。
税理士が「誰かわかる人を連れてきて。」とわざわざ日曜日を指定されたので、たぶん息子(夫)を連れてこいということなんだろう。

義父はボケてはいないとは思う。
けれど耳がかなり遠くなってきたのと、反応が鈍くなってきたのとでどこまで理解しているかどうにも怪しい。

さらに歳とともに頑固になってきて人の話を聞かなくなってきてしまって、
何度か重ねて確認すると不機嫌になってしまう((´・ω・`;))
非常に扱いにくい。


昨日は納税額やら税理士さんへの報酬の振込やら、
大事なことを言われたのだけれど義父だけではちょっと心配だ。
帰りにも確認したのだが「大丈夫」と言われても不安が残る。

さすがにB型夫も義父の不安要素を認めざる得なくなってきたらしい。
家に向かう車の中で「大丈夫かなぁ。」とわたしがつぶやいたら
「わからん。。。」と言っていた。


どちらの親も歳老いてきてサポートが必要だ。
サポートするはずのこちらも年を食ってしまってくたびれてきている。
あっちへこっちへと飛び回る元気がない。
まだどちらの親も介護が不要で自立してくれているので有難いことだ。

最近は親を見ながら思うのは、
わたしも元気に動き回れるのは後20年くらだろうということだ。
そして3人のうち誰かが介護が必要にでもなったら自分の時間はさらに少なくなってしまう。
わたしに自由な時間は思ったよりも残されていないのかも知れない。


それでもって、
今現在が最も自由なはずだ。
子どもも手が離れ、親もそれぞれ自立して生活ができている。
今のうちに自由に飛び回らなければ!!

けれど悲しいかな何をしたらいいのかわからない(´・_・`)
残された時間は少ないのよ、と焦るばかり。
趣味もあれこれと手を出したけれど何も残っていないという悲しい現実。

何かもう一度夢中になれるものが欲しいなぁ。
時間がたつのを忘れてしまうほどに。


スポンサーリンク
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加