スポンサーリンク
来年度(2018年度)のランドセル商戦は3月29日スタート!
ランドセル商戦はおじいちゃん、おばあちゃんのお財布を狙って、年々早まり派手になっていっているご様子。
2208bdc8283e29b537f725e20be8594b_s.jpg 

あんこです。
今日もご訪問いただきサンクスです\(^o^)/

今年は早くも3月29日からランドセルがデパートの売り場に並ぶそう。

売り上げの落ち込むデパートにとって、ランドセルは確実で手堅い売り上げなんだろうな。

しかもレジはじじばばとなれば財布のヒモも緩みそうだし。



それにしても今年度の一年生が新しいランドセルを背負って校門をくぐる前にプレ新一年生たちのランドセル商戦が始まると気が早いのでは?とも思う。

どうやらランドセル商戦のスタートは年々早くなっているのは、人気のランドセルの争奪戦にママたちが戦々恐々としているかららしい。

今時のランドセルは種類も豊富で大手の「フィットちゃん」は137種類から選べる。
カラーはもちろん、サイドの柄やステッチなどデザインだけでなく、身体にフィットする背中部分やポケットなど細部にこだわっている。
特に女の子はビジューをあしらったロゴやリボン、レース柄など華やかさを競う。
男の子は高級感のある革を使った鞄専門店の職人手作りランドセルなど。

そんな特別感のある「プレミアムランドセル」を買うためにママたちの間で争奪戦が繰り広げられる。
かわいい我が子には「特別な」ランドセルを与えてやりたいから。


お値段は売れ筋が4万前後、プレミアムランドセルになるると9万くらいする。
うちの次女(現21歳)が購入したランドセルは2万円ちょっとだった。
それでも革はコードバン、色は赤(その頃はピンク、ネイビー、水色など10カラーくらい?)
手縫で丁寧に作っている地元のランドセル工場(こうば)で分けてもらったもので市場価格よりは若干安かったと思う。
人工皮のクラリーノは1万円台で買えた。


それが今や7歳の子に5万円のランドセル((´・ω・`;))!
落ち着いて考えてみて欲しい。
かわいいレース模様なビジューは新1年生にはキラキラと眩しく映るが、
3年生にもなればガキっぽくて馬鹿ばかしくなる。

娘たちの同級生でピンクなどかわいいランドセルを選んだ子のほとんどは
3、4年くらいで「恥ずかしい」とランドセルを使わなくなっている。
これでは本末転倒ではないの?


黒と赤とネイビーくらいでいいじゃん


結局これがいいたいのよ。
個性とか特別感を出すとこが違うでしょ、と思う訳ですよ。
小学生の卒業式の袴もそうなんだけどさ。

人気のプレミアムランドセルをゲットするための労力とかお金を、
プチ旅行とかに使った方が断然いいと思う。

あれこれググっていたらランドセルの駆け込み商戦やってた。
こうゆうので買ったらどうなんだろう?
ママたちはギリギリでもこんな手もあるよってことで↓

じじばばは今買っておいて、
今年のお盆に遊びに孫が遊びに来たら押入れから●〒&%*・・。


こんなこと書いてたら「昭和のろうがい」とか言われるのかしら。
自分の孫には派手なランドセルは買わないぞぉ。
いや、孫どころか婿ができる予感さえないんだけどさ(´・_・`)


スポンサーリンク

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加