AD
鶴舞図書館に飾られていた大正時代の雛飾りをまた見てきました。
今度はipadではなくデジカメで撮ってきましたが肝心のお雛様が遠い上に、御殿の奥で暗くて上手に写りませんでした、残念。

雛飾り

AD


あんこです。
今日もご訪問いただきありがとうございます\(^o^)/

大正時代のお雛様が素敵だったので、もう一度デジカメを持って行って撮影させていただきました。
せっかくなのでアップしておきたいと思います。

雛飾り6
今とちょっと飾り方が違いますよね。
右大臣と左大臣が御殿のすぐ前に鎮座しています。
考えてみればお内裏様のすぐ近くで護衛するのは当然と言えば当然?


雛飾り5
そして階段にいるのが女官じゃないです。


雛飾り1
姫様が面長で首が細くて長い。
頭の飾りも豪華ですよね。


雛飾り4
老松の前で演技をしているので「能」でしょうか?


雛飾り2
筆と墨のようなので歌会かしら?


雛飾り3
こちらは歌舞伎か狂言?桜なのでお花見かもしれません。
お人形はこぶりなのですが、衣装も小道具もとても丁寧に作られていてうっとりします。

それにしても100年近くも前に作られたものが、こんなに綺麗にとってあるとは驚きですよね。
個人の方のご厚意で展示されたものだそうですが貴重なものを見せていただき感謝です。
ありがとうございました。


スポンサーリンク

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加