AD
東日本大震災から6年ですね。
何の被害もなかった私が震災について書くのもどうなのかと思うのですが、こうして思い出すことが亡くなった方の供養になるのならと思って書きます。
aa09a02f1cd199fd924418fd5a7c32ab_s.jpg 

AD


あんこです。
今日もご訪問いただきありがとうございます\(^o^)/

あの日あの時には自宅にいたのですが、感覚的にかなり長い間横揺れが続いて気持ちが悪くなってきたのを覚えています。
我が家は免震のマンションなので揺れが大きかったんでしょう。
床に四つん這いになりながら、結局は何もできなかったです。

次女はちょうど中学3年生で卒業式が終わった後でした。
最初の揺れの時には外に出ていたのですが、帰ってきても地震には気づかなかったようです。
「お母さんの気のせいじゃないの?」
ちょうどそんなセリフを娘が口にした時に次の揺れが来て2人でまた床に座り込みました。


その時にはTVはつけていませんでした。
その後は買いものに出かけ、バタバタと夕食の支度をし、ゆっくりとTVを見たのは夕方。
TVで次々と伝えられる悲惨な状況に驚きました。

翌日も現地からの中継に目を離せずにいました。
一番印象に残っているのは、その日午前中に卒業式を終えた中3の女の子。
学校から帰宅する途中で津波に襲われ、卒業証書を胸にいだいたまま制服姿で見つかったそうです。
自分の娘と重ねあわせて思わず涙が溢れてきました。


その頃はヤフオクでお小遣い稼いでたんですよね。
ヤフオクで東日本大震災のチャリティーが始まったのを知って「落札額の10%を寄付する」を設定して半年ほど出品していました。
その間は結構好調で、お陰で20万近くを寄付することができました。
意図してやっていた訳ではないのですが、日本はまだ捨てたもんじゃないなぁと思いました。


今出来ることと言えば物産展なんかで応援買いするくらいでしょうか。
今年も時刻になったら静かに黙祷します。


スポンサーリンク

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加