AD
関東に住む義妹からお歳暮が届きました。
これまではお歳暮のやりとりなどしたことがありませんでしたが、
わたしが義父母のことで立ち回ることが多くなり、気を遣って送ってくれたようです(´・ω・)アリガト

20161228004850bb4.png

AD


あんこです。
ご訪問いただきありがとうございます\(^o^)/

B型夫は3人兄弟で妹が2人いますが、今は1人になってしまいました。
上の姉義妹は3年前にスキルス性の胃がんで亡くなりました。
まだ50歳前でした。

その一年後に今度は義父に胃がんが見つかり、胃を全摘手術をすることに。
手術の付き添いやら、その後の診察に一緒に行ったり。
最近では義母の実姉の遺産相続問題などもあり義父母との行き来も頻繁になりました。


妹義妹ははご主人の仕事関係でもう20年近く関東にいて向こうで家も買っています。
なかなか思うようにこちらへ帰ることもできず、ウチに任せっぱなしにしているようで気が引けるのでしょう。
最近では帰省の度に気を遣い、ウチにも手土産などを渡してくれます。

義父の手術の時はもちろん来てくれて1週間ほどこちらにいてくれましたし、
法事に結婚式と何かあれば夫婦で、子連れで帰省しなければなりません。
時には妹義妹が1人で日帰りでバタバタと出てくることもあります。
往復かかる新幹線の料金はもちろん、完璧主義の彼女にとっては家を空けることはかなりのストレスと思います。


義父母としては実家近くに住む亡くなった姉義妹を頼りにしていたようですが、
義実家の近くにいるのはもうウチだけだし、
親なんだから手助けするのは当然で嫌々やっている訳でもないし、
出来ることだけしかやっていなし、
と言っても大したことなんてしてないし、
気を遣ってくれなくてもいいのよ。
と言っているのですが妹義妹はとしては義理のわたしに遠慮があるのでしょう。


そう、
出来ることを出来る人がやればいい。


病院への付き添いや、司法書士や親戚、お寺への付き添いくらいわたしにも出来ます。
むしろ普段経験出来ないことを見聞きできるのは嫌いじゃないし、
それくらいの時間のやりくりはさほど無理なことでもありません。
妹義妹が東京からわざわざでてくる必要なんてないと思ってます。


ただね。
わたしにも息子の夫にも出来ないことがあるのですよ。



姉義妹が亡くなった時。
わたしはただ黙って、時には深く相づちを打ちながら、義母が涙ながらに話すのを聞いているしかありませんでした。
肝心の息子は黙っているだけで満足に愚痴も聞けやしないのですよ。
確かにその場にいるだけでもお飾りよりは役に立つだろうけどさ。


胃がんの手術の後。
痛みと動けない不自由さと不安でイライラと義母に当たりっぱなしだった義父。
「こんなに痛いのにリハリビなんだからもっと歩けだと!?」
病室で見たことない程に声を荒らげてました。

ところが妹義妹から「今病院についたけど部屋はどこ?」とメールが入るや否や、
いきなり「リハリビするぞ!」立ち上がる義父(笑)
エレベーターの前まで行って妹義妹を迎えると
「もう元気だから、わざわざこんでも良かったのに。」
と満面笑み。



だからね。
ラスボスはあなたなのよ。


いざとなったら、
わたしなんかじゃ全く役にたたない。
息子であるB型夫でも役不足なの。
その時に舞い降りてきてくれればそれでいいの。

それまではわたしと、あなたのお兄ちゃんで何とか支えるわ。
頑張れなくなったらまたその時に一緒に考えましょう。


なんて義理のわたしからは言葉に出来ないわ、やっぱ。
「どうもありがとう。」
とお礼を言って妹義妹への電話を切ったのでした。


お正月に珈琲豆を切らすところだったΣ(´Д`*)
毎週1袋を消費する珈琲好きの私のお気に入りはコチラ↓





スポンサーリンク

 

 

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加