スポンサーリンク
すでにデッキが壊れてしまって、
再生ができないでいた昔のVHSビデオテープを宅配DVDダビングサービスに出してみました。
それが土曜日に戻ってきたのですよね。

20161213021429156.png 

あんこです。
今日もご訪問をいただき感謝です\(^o^)/

こちらで↑で書いたように、見られないまま放置されていたVHSビデオテープをDVDにダビングしてもらおうとビクターダビングサービスに送っておいたのが戻ってきました。

今年に入ってVHSビデオデッキの生産終了されてしまったことで注文が混み合っているそうですね。
通常2週間の納期が4週間近くかかりました。

今回頼んだのは6本です。
義父がハンディービデオで娘たちを撮影してくれて、VHSビデオテープにダビングしてくれたテープが4本。
結婚式場でプロが撮ってくれた結婚式と披露宴のVHSテープが2本。

わたしは現実主義なので、自慢じゃないけど再生したことないんです。
それでもお金を払ってDVDにダビングしてもらったのは前にも書いた通りで、
結婚式の披露宴で撮ってもらったテープを見てみたいと思ったからです。
そのテープには20年前に亡くなった父親、それに大ばあちゃん、スキルス性の癌で亡くなった義妹や叔母さんの姿が映っているはずだから。

今年21歳になった次女が生まれる前に亡くなった父親。
実家の仏壇の上にも笑った写真が飾ってあるし顔は覚えています。
けれど父の声は、もどかしいほどに思い出せないのですよね。。。


20161213022411e8e.jpg 
届いたDVDの最初の一番上の一枚をとりあえず再生してみました。
はっきりとしない古ぼけた映像、まん丸顔の長女を見てほっこりとした気分になりました。

保育園の運動会や発表会で、他の子どもたちとじゃれ合いながらくったくのない笑顔で長女が笑っています。
この子はこんな顔をして、こんなにも笑ってたっけ。
人見知りをする気難しい長女は滅多に笑顔を見せなかったような気がしていました。

子育て真っ最中のあの頃、毎日あれやこれやと時間に追い立てられていた記憶しかありません。
私は母として、子供たちのことをちゃんと見てあげられてたんだろうか?
一人ぼんやりと画面の中の幼い娘を眺めながら、そんなことを思ってしまったのでした。
そのうちにB型夫が帰ってきて、食事の支度で立ったわたしに代わってずっとDVDを見ていたようです。


もしも孫ができたら(その前に結婚しないといけないけど)この映像を見せてやりたいです。
未来の孫たちが見たらどんな風に見えるんでしょう。
わたしたちが古ぼけた昭和の8mmを見るような感覚なんでしょうか。
ぼけてぶれた映像を3世代並んで笑いながらみられたら素敵ですよね。

今回は6本のテープをダビングしてもらって料金7,260円でした。
最初にこちらからテープを送る送料もかかるので総額は約8,000円。
ビクターさんからこちらへの返送料は6本以上だと送料無料サービスです。

8,000円が安いか高いかは個人差があるかも知れませんね。
ケチなわたしはテープを送る前には少しでも安いところでお願いしようと思って、小賢しくネットを徘徊したのですが、
実際に出来上がった映像をみたら正にプライスレス!!って感じでした。

サービス内容は後日口コミしてみたいと思いますが、
決め細やかな対応をいただき満足しています。

DVDへのダビングサービスは持ち込みで気軽にやってくれるところもたくさんあります。
持込の方がテープの状態などもその場で確認していただけるし、仕上がりも早いようです。
料金的には宅配の方が1本辺りは安いですが、往復送料がかかってくるので少ない本数なら持込をお勧めします。
ざっくり言って6本以上で、一ヶ月ほどの納期がかかってもいいのなら宅配の方が断然安いです。
今回わたしがお願いしたのはビクターダビングサービスです。

本当ならDVDにダビングしたら、かさばるテープを断捨離するはずだったのですが、
B型夫がテープもとっとけ!というのでしばらくテープも捨てられそうにないです|ω・`)

↑こちらの記事ではもっと料金の安い宅配ダビンサービスも紹介しています。

もし迷っているのならテープが劣化しないうちにお願いした方がいいですよ。
懐かしい映像にお金のことは吹き飛びます(笑)

50代自分らしさ人気ブログはこちらから

スポンサーリンク

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加