スポンサーリンク
あんこです。
今日もご訪問いただき感謝です\(^o^)/

先日ビルトインガスコンロを10年ぶりに新しいものに買換えました。
あれこれと便利になっていてとっても快適につかえてます。

b534d1f3eebdcb6ef3147c2fcdf070ac_s.jpg 

業者さんがいらっしゃって交換してくれたんですけれど、
取りつけ時に外の給湯器の確認をしてくれたらしく、帰り際ににっこり微笑みながらこうおっしゃいました。
「そろそろ外の給湯器も取替え時ですね(^∇^)」

キュウトウキのトリカエェェッΣ(´Д`*)


目にすることがないのでスッカリ忘れていました。

なんと給湯器も取り換えの目安はビルトインガスコンロと同じ10年だそうです。

我が家は床暖房がリビングに2面、リビング横の部屋に1面の計3面あるので、

30万くらいはかかるかもと言われてしまいました。



当然ながら便利と快適にはコストがかる

10年前に公団住宅から引っ越してきた時には
ビルトインガスコンロに床暖房、浴室乾燥機、浴室暖房と快適な新居にうっとりとしたものです。

けれどよく言われるように新築から10年たてば悪夢がやってくる。
まずは手始めにビルトインガスコンロの取替えに10万、
追い討ちをかけるようにそのうちに給湯器に30万。
次にくるのは冷蔵庫か食洗機、それともクーラーになるんでしょうか。


ボディーブローのようにじわじわと

10年ごとにこれらを交換しなければならいと言うのなら、
10年ごとに100万ほどのコストをかけ続けなければいけなりません。
1年にしたら10万円。

今はお給料、多いとはいえないけれどボーナスもいただいているので払えないことはありません。
けれど次の取替え時の10年後にはすでに定年後。
例え継続雇用できていたとしても給料はよくて半分。

その次の10年後は?
快適と便利さを維持するコストはじわりとボディーブローのように効いてきそうです。


50代過ぎたら便利と快適も断捨離していく

とは言え、新築住宅は最初から最新のものを揃えているものですからチョイスはできませんよね。
10年前のわたしだって、公団住宅と変わらないような設備だったら買う気も失せたでしょう。
心ときめくから高いローンも組めるってもんです。

業者の方と給湯器がそんなに高いのなんて話をちょっとしました。
しっかりと確認はしていませんが、どうやら給湯器も同じレベルのものと取替える必要もないようです。
「でも床暖房必要でしょ?」みたなことを言われましたから。

便利(手間と暇)と快適をお金で買えるのは給料をいただいているから。
給料がなくなったら便利と快適も断捨離して、必要なだけ拾えばいい。

とりあえずは食洗機。
長女が独り立ちして4人が3人に、次女も家で夕食を摂らないことが増えました。
食器の数が減ったら手洗いもさほど気にならないでしょう。
ここぞの時だけ使うようにして、今の食洗機が壊れたら次はあきらめましょう。

ビルトインガスコンロも取替えに10万もかかるのなら
歳をとったらもうポータブルガスコンロかホットプレートでいいんじゃない?
ホットプレートの方が安全そうだし。

そんなことを真剣に考え始めた53歳の誕生日を迎えた冬でした(´・ω・)



スポンサーリンク

 

 


関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加