AD
あんこです
今日もご訪問いただきありがとうございます\(^o^)/

先日購入したビルトインガスコンロMytoneの設置が完了しました。
これで新年を新しいコンロで迎えられます♪
何が嬉しいかって今年はコンロの掃除しなくて済むよねってとこ(*≧∪≦)

AD


さて、10年前のビルトインガスコンロとどこが違うのか検証してみます。
残念ながら古いガスコンロの写真は不覚にも撮り忘れちゃいました( ノД`)



ガラストップがきれいで明るい

201612030214491a8.jpg 
10年前のガスコンロは黒いメタルトップが標準でしたよね。
今度のはガラストップのグレイ。
これで一気にキッチンが明るくなりましたヽ(´∀`)ノ

他に同じスタンダードモデルのmytonマイトーンでは
パールクリスタルの天板も選べてこれがかなりおしゃれ。
ショコラ・カフェベージュ・サクラ・クリームホワイトなどまるでCafeみたい。

キュートなカラーも魅力だったのですが、
やはり最終的には憧れ?の「ガラストップ」に決めました。


受け皿が消えてお掃除簡単

201612030214501f7.jpg 
バーナーの受け皿が消えたのですよ。
あの受け皿って掃除大変でしたよね。
吹きこぼれちゃうと取り出すの大変だし(´・_・`)

五徳もかなりスリムになって一回り大きくなりました。
洗う面積が少なくなりましたよね。
これでお手入れの手間がかなり簡単になりそうです。


両バーナーに6段階温度調整可能

20161203021452556.jpg 
10年前のビルトインコンロは右バーナーに強火と温度調節機能がついていました。
この温度調節機能すごく便利に使ってました。
ホットケーキとか焼き魚とか焼くときに、フライパンでホットプレートみたいに使ってました。
今回はこの便利な温度調節が不安定になってしまったので思い切って買い換えたくらいです。

新しいガスコンロは温度調節が両バーナーでできるんです!
しかも温度調節機能が6段階になってますます便利に!
表示されている温度は160・180・200度なんですが、
温度を選択する時に長押しすると、左側のランプが点滅し170・180・210度設定できます。
6段階を実際に使い分けてこなせるかは微妙ですが(´・ω・)


両バーナーに高温炒め機能&左タイマー機能

201612030214536f8.jpg 
10年前のガスコンロでは強火機能は右バーナーだけでした。
今回は両バーナーについたので使い勝手がいいですね。
タイマー機能は左バーナーについています

  • タイマー
湯沸し・3分・10分90分まで1分ごとに設定可能
キッチンタイマーいらないじゃん!っと思ったのでした。

  • 高温炒め
強火高温炒め
高温炒めの設定をすると、
  ●通常250℃までしかあがらないようになっているのが270℃まで高温になる。
  ●中華など鍋振りでセンサーから離れても高温をそのまま維持してくれる。
と言っても安全装置が外れる訳ではなく、高温炒めに設定して60分後には消火になります。

  • 湯わかし(左バーナー)
20161204020327c53.jpg湯沸し機能は以前のものにもありましたが、進化してこんな機能がつきました。
沸騰してから、タイマーが作動するそうです。
ゆで卵は早速試してみたいです。


憧れの水無し&タイマーつきグリル

20161204012114619.jpg 
最近のガスコンロはなんといってもグリル機能が充実してきていますよね。
調理機能はまだ使っていないのでわかりませんが、
とりあえずはお手入れの面を口コミしてみます。

まずはなんといっても水が要らない水無しグリル
10年前のガスコンロは魚を焼くときに水を入れなければならず、
これがグリルを使うときの大きなハードルでした。

まだ熱いと取り出すときに危険だし、
冷めてしまってからでは油っぽいのが残ってしまいます(ノ_<)
結局はフライパンで焼いてたって方は多いと思います。
今度買い換えるときには水無しグリル!と思ってました。

もう一つの進化はタイマーがついたことです。
これで更に安心してグリルを有効活用ができますね\(^o^)/
グリルって鍋と違って引き出さないと確認できませんでしたが、タイマーで焼きすぎを防げます。


グリルは全部品が分解可能でお手入れ簡単

2016120302183734b.jpg 
扉・土台・受け皿・網と部品ごとに分解して洗えます。


20161203021839841.jpg 
扉の部分と土台もこちらの内側の取っ手を押すと簡単に取り外せます。
以前のものは取り外しがもっと面倒でしたね。

そして感動的なのはコチラ!
20161204012112635.jpg 
なんとグリル内の両側にフッ素コーティングのカバーがついたのでした。


20161204012115701.jpg 
金具2個にひっかけてあり、取り外して洗うことができます。
庫内でもどうしても魚の油が飛び散ってしまったりするので取り外して洗えるのは嬉しいです。


両面グリルで魚焼きはおまかせオート
また魚は内側の網にのせると一気に両面を焼いてくれます。
しかもおまかせオート、焼き加減も強め・標準・弱めと選択ができます。
魚も干物・切身・姿焼を選べます。

20161204012112eb5.jpg 
もちろんタイマーを使って自分で調節することも可能です。
左上の6つの赤ランプで火力を調整することができます。
上下にランプが分かれて、両面焼きそれぞれの火力を調整できます。


まとめ

まだ手元に届いたばかりなので気づいたのはこんなところでしょうか。
さすが10年たつと便利な機能がいっぱいです。

もう一つ使うのには関係ないのですが、ちょっと感動したのがこちら。
20161203021456ed9.jpg 
電池入れです。
パネルの裏にまるで隠すようにして収納してあります。
ガス屋さんに説明してもらわなかったら絶対気づかなかった(゚∀゚)
また気づいたことがあれば書いていきたいと思います。

ビルトインガスコンロ購入の参考に↓

購入したのはこちらのスタンダードモデルMytoneです。
工事費込みで9万円ほどで購入することができました。
(クリックで購入ショップに飛び商品の詳細が確認できます。)



スポンサーリンク

 

 


関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加