スポンサーリンク
あんこです。
今日もご訪問いただきありがとうございます\(^o^)/

唐突ですけど本真珠のネックレスって持っていますか?
わたしって軽い金属アレルギー持ちなんです。
そのためピアスや指輪などをずっとつけていると肌荒れするので結婚指輪もつけません。

真珠 

それに加え、ぶっちゃけ貴金属には全く興味がありません。
そのため50歳を過ぎても本真珠のネックレスは持っていませんでした。

お葬式の真珠はイミテーションでもマナー違反にはなりません。
イミテーションなら持っていましたが基本お葬式にはつけない人でした。
もちろん真珠ネックレスなしでもマナー違反ではありません。


50歳過ぎれば本真珠ネックレスはやっぱり必要??

それまではお葬式に真珠ネックレス無しでも何も気にしたことはなかったんですね。
これはマズいかもと思ったのは義妹のお葬式でした。

義実家の親族が一同に集まるわけですが、
真珠ネックレスをしていなかったのは私だけだったのでした(;゜0゜)
末っ子の義妹でさえ、当然のように真珠をまとっているのを見てちょっと恥ずかしいような思いになってしまったのでした。

でもね。
安くない買い物ですものね、「見栄」だけで買うのはやめようと思ったんです。
けれどあれこれ検討してみて、やっぱりこの歳になったら持っててもいいかもと購入しました。
「この歳になったら」の理由はこんなところです。

  • お葬式や法事は確実に増える
50代になるとお葬式が増えますよね。
お葬式が増えれば、当然ながら法事もその後に続きます。
購入して一番残念な「使う機会がない」なんてことはあり得ません。

  • 若い頃と違って喪服を着るとくすむ
これが一番の理由と言っても過言ではないです。
若い頃には思ったことないのですが、50歳にもなれば黒の喪服を着ると全体がくすみます、顔がボケます、暗く陰気に見えてしまいます!
喪服の襟元に真珠があるだけで少し明るい印象になりますよね。

お葬式に明るくみせる必要があるの?って思う方もいるでしょうが、
暗いお葬式と粛々としたお葬式は違うと思うんですよ。
真珠ネックレスがないのでキチンと見えないと言うことは決してありませんが、真珠をつけるだけでキチンと感も出てくれるのも助かります。

  • いざという時に無難に使える
お葬式とともに増えてくるのが、甥っ子姪っ子などの結婚式。
最近はかなりカジュアルになってきましたよね。
親戚だからと和服ではなく洋服で出席する機会が増えてきたと思います。
そんな時にも無難に使えるのが真珠のネックレス!凡庸性高いですよね。


お葬式の真珠はイミテーションでもOK

お葬式でも結婚式でもイミテーションの真珠をつけるのはマナー違反にはなりません。
けれどイミテーションの真珠は照りや重量感で結構わかってしまうものです

特にお葬式では真珠を身に着けている人が多くいるのですから、比べれば一目瞭然でしょう。
50歳を過ぎてイミテーションを身につけるくらいなら、いっそつけない方がいい気がします。


冠婚葬祭で失敗しない真珠ネックレスとは

つまり真珠ネックレスって冠婚葬祭の心強い味方になってくれるんですよね。
50歳を過ぎたら無難って大切です。

冠婚葬祭でマナー違反にならない真珠ネックレスについてまとめてみました。

  • カラー
ホワイトまたはグレイ、ブラック。
ダークグレイ、ブラックは結婚式には向かないため、冠婚葬祭で使うならやはり白がいいでしょう。

  • 真珠のサイズ
真珠のサイズは7cm~8cmが定番です。
大きすぎるとお葬式ではカジュアルになりすぎてマナー違反。
7~7.5cmか7.5cm~8cmほどのものを選びましょう。

  • ネックレスの長さ
「プリンセス」と呼ばれる40cm~45cmが一番上品できれいに見える長さと言われています。
42cmくらいが定番ですが、ほとんどのお店で気に入っている長さに微調整してもらえます。
お葬式の2連ネックレスは「重なる」と言われマナー違反です。
結婚式は何連でも問題はありません。


形だけの真珠なら高くなくてもいい

わたしは基本装身具に興味はなくて、冠婚葬祭用にと本真珠を買いました。
そのためお値段はなるべく安いものを選びました。

真珠の値段を大きく左右するのは大きさ・長さ・照り・キズなどです。
大きさ・長さが決まっているので後は照りとキズ。
安くていいのでこの2つを妥協することにしました。

正直言って照りやキズは見る人がみればわかるでしょうが素人目にはわかりません。
照りはまだしもキズなんて人のつけているネックレスをじっくりと見ないですしね。
結局は四十九日の法事に間に合うようにネットで購入しました。

安い物で十分だと思うのは、真珠はストーンやゴールドなどの鉱物ではなく有機宝石だからです。
生物由来だけに経年で劣化がします。
どうしても黄ばんだり、くすんだりしてしまうようです。

と言っても、ちゃんとお手入れすれば長年使えるのでご安心くださいね。
ただ高いものを買っても一生ものではないと言うことです。



まとめ

義妹と叔母さんのお葬式と法事、それに甥っ子や姪っ子の結婚式。
購入してから3年でかなり活躍してくれています。
イヤリングとお揃いで4万円ほどのリーズナブルなものですが良い買い物でした。

四十九日に間に合わせたかったので結局はネットで購入しました。
実際に手にとって買えないので不安はありましたが品物も満足できるものでした。
自分で回って購入するのも大変ですよね。

こちらで購入しましたが格安のお値段の訳は真珠のランクだそうです。
わたしのネックレスはキズが「C」でした。
留め金近くにキズが多いものを揃えてくれているようですが気になりません。

真珠1 

日本人にとっては真珠=制服みたいなものかも知れません。
誰が身に着けてもキチンと見えて失礼にならない
有難い存在かもですね。


スポンサーリンク

 

 


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加