AD
VHSのビデオデッキが今年2016年の夏に生産が終了しました。
それに伴い、家に長い間眠ったままのビデオテープをDVDにダビングするサービスが注目をされているようです。
わたしも30年ほど前の自分の結婚式の披露宴が収まったビデオテープのダビングをお願いしました。

ビデオ 

AD


自分の結婚式のビデオなんて一生見ることなんてないと思ってました。
もう一度見てみたいと思ったのはあるTV番組がキッカケでした。

これも終活なのかな?と思ったのですが、埃をかぶって放置していたテープを掘り出したので終活かな。
このまま置いておいてもビデオデッキがすでにないので、中の画像も見られないタダのゴミですからね。


なぜ昔のテープをダビングしようと思ったのですか?

確か夕方のニュース番組の特集コーナーだったと思います。
どの番組だったかは思い出せません。世の主婦たちは忙しい夕方時のニュースなんて”ながら”で見ていますから。

それはビデオテープのダビングサービスを受け付けているお店の店頭でスタッフが待機し、
仕上がったDVDを受け取りに来たお客さんに「今回なぜこのビデオテープをダビングしようと思ったのですか?」と質問をするという特集でした。

最初の2人は子供が幼いころのビデオテープを持ち込んでいました。
大きくなって反抗期になった子供と一緒に、幼い頃の動画を見る。
そこには亡くなった父親(祖父)も一緒に笑っていて、、、、みたいなほっこりとするよう一場面です。

子供が小さな頃のビデオテープのダビングはなんとなく考えていました。
自分たちが見るというよりは、孫ができたら”自分の親が子供だった頃の姿”を見せてやりたいなぁと。


自分の結婚式のテープを見ながら涙を流す50代おじさん

興味深かったのは最後に出てきたおじさんです。
おじさんと言ってもわたしと同年代の50代らしき男性です。
わたしも立派なおばさんですからね。

彼の持ちこんだテープは自分の結婚披露宴のビデオテープでした。
「え?自分の結婚式のテープなんて見たいの??」思わずTVの前で目を丸くしました。
なんてセンチメンタルなんでしょう。

そしてTVスタッフの「なぜ?」に彼はこう答えたのです。
「娘が来月結婚するんです。」

最初は娘さんの結婚式の披露宴で、よくあるビデオ上映でもするのかと思いました。
けれど彼の次のセリフに思わず同世代として胸が熱くなりました。
「娘の結婚式で親として挨拶をするんです。
それで去年亡くなった親父が、自分の結婚式でどんな挨拶をしていたのか聞いてみたくて。」

それから彼は受け取ったDVDを、お店の店頭にあるモニターに流しました。
お店はどこかの駅の構内にあるようでモニターを眺めている彼の後ろには多くの人が行き交っていきます。

「あ~、この人ももう亡くなっちゃいましたねぇ、、。」
などと言いつつ早送りをし、お目当てのシーンを見つけると言葉もなく一心にモニター眺めるおじさんの姿。
その頬には一筋の涙が。。。。


20代の自分は結婚式のテープなんて2度とみないと思っていた

我が家にも結婚式のビデオテープがあります。
式が終わってから立派な蝋燭と芳名簿とビデオテープが2本(式と披露宴)を渡されました。

立派な蝋燭は非常用グッズと一緒にすぐにわかるところにしまってあります。
仰々しい表紙の名簿と電報は終活のための断捨離で捨てました。
鶴の絵のケースに収められたビデオテープは一度も陽のめを見ることなく埃を被っていました。
いや、B型夫は昔の写真とか見るの好きだから1度くらい見たことあったかもしれません。

ビデオテープを受け取った20代だった私は、この先ビデオテープは一生見ることはないだろうと正直思ってました。
感傷的なのは嫌いだし、昔の自分を見て「まあ、若くてきれい。」なんて思うのも惨めったらしい。

けれど番組を見て思い出したんです。
あのビデオテープの中には20年前に亡くなった父も、先日亡くなった叔母さんに義妹だっている。
それも必ずや笑顔で!


お正月のサプライズにあの声と笑顔を

という訳で、わたしも結婚式のビデオテープをダビングすることにしました。
もしかしたら父の声を聞けるかもしれないと思ったんです。
写真があるので顔は思い出せます、けれど声はもう忘れてしまいました。

3年前にがんで亡くなった義妹も、今年亡くなった叔母さんもいます。
皆んなきっと笑っているでしょう。
なんせ目出度い結婚式なのだから。

どうせならお正月にサプライズで実家へPCと一緒に持っていって上映したらどうなんだろう?
そう思ったら楽しくなってきちゃいました。


ビデオテープのダビングなら宅配が断然安い

まずはどこでダビングしようかと色々と調べてみました。
カメラのキタムラなど大手でも持ち込めばダビングしてもらえます。

けれど宅配サービスの方が断然価格が安いです。
ただ往復の配送を別にしても宅配はかなりの時間がかかります。
急いでダビングをしてもらいたい時には店舗に持ち込んだ方が仕上がりが早いです。
今回は急ぐ訳でもないので宅配でダビングしてもらうことにしました。


宅配DVDダビングサービスは質と価格で選択

宅配のダビングサービスでもかなりの価格差があります。
価格の差は画像の差というよりもサービスの質の差のようです。
今回は結婚式の2本と子供が小さい頃のビデオテープ4本の合計6本をダビングします。

色々と探してみた結果、こちらの2店舗で迷いました。
調べた中では一番料金が安い想い出ビデオDVDダビング工房と、
大手の中では比較的安価なビクターダビングサービスです。

想い出ビデオDVDダビング工房のコストパフォーマンスはかなり高くて、ビクターの半額近くの料金でダビングすることができます。
安さの理由は納期と仕上がりのシンプルなサービス。
納期は5ヶ月のんびり待てるのなら「ゆったりコース」で398円~からの業界内でもかなりの低料金でダビングができます。
仕上がりとしてはチャプター、INDEXなどはなくシンプルに内容をダビングするのみになります。。

ビクターダビングサービスはINDEXとチャプタがつきます。

201611170228420cd.png 
INDEXはこんな感じでイメージ画像がトップ画面ででてくるやつですね。
チャブタに分けてシーンごとに選択でき、すぐに見たいシーンが見られるようになっています。
納期は常時は2週間ほどですが、今は注文が殺到しているとかで+2週間で4週間待ち、51本以上だと6週間待ちの状態です。(2016年11月現在)


テープはデリケート、段ボールで丁寧に梱包を

最初はシンプルにダビングだけしてもらえばいいと思ったので、想い出ビデオDVDダビング工房に申し込み手続きをしました。
けれど、せっかくなので実家に1枚渡そうかと思いつきました。
それならばチャプタやINDEXがあった方がわかりやすくていいだろうと最終的にはビクターダビングサービスにしました。

想い出ビデオDVDダビング工房は発送前ならネットで無料でキャンセルが可能です。
送ってからも作業前ならばいつでもキャンセルできます。

2016111711022183d.png 
ビデオテープを送る時には段ボールに緩衝材をいれて梱包しましょう。
テープはデリケートです。
ビクターダビングサービスは6本以上想い出ビデオDVDダビング工房は5本以上で返送時の配送料が無料になります。

今回の見積/120分テープ×5+120分以上テープ×1(披露宴)
  ◎ビクターダビングサービス          
              6,180円(税込)納期約4週間
              3,009円(税込)納期約5ヶ月

さて、届くのが楽しみです(´∀`*)q

こんな記事もあります↓


AD

 

 


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加