スポンサーリンク
あんこです。 
無職になったため、ただいま家計を見直し中。
電力会社の乗換えをしたら、なんと3ヶ月で8,000円の節約に成功しちゃいました。
今回は3人家族のスマホをMVNOで格安SIMに乗換えてどれだけの節約になったか計算してみます。

-shared-img-thumb-UNI85_SIMkoukan15002417_TP_V.jpg 

わたしはソフトバンクでiphone5を使っていましたが、去年の年末にガラケー+タブレットに買換えました。 


タブレットにしたのは老眼がすすんでスマホの小さな画面が画面が見にくくなったからです。 iphoneの大きな画面のタイプという選択もありましたが、どうせならipadminiにしてしまえ!って感じです。
(この2台持ちの選択は想定以上に大正解でした。)

その流れに乗りB型夫、コスプレ次女と家族全員のスマホをMVNOのモバイルONEで格安SIMに乗換えちゃいました。
先月で請求料金が落ちつたので節約効果を検証してみたいと思います。


スマホからガラケー+格安SIMタブレットに

ガラケーは以前使っていたものをソフトバンクへ持ち込みホワイトプランに機種変しました。
無料通話などがついていない一番安いプランです。
タブレットはipadmini4のSIMフリーをappleで購入してモバイルONEのSIMを使っています。

OCNのモバイルONEにしたのは大手でMVNOとしては古株だったので安心感があったこと。
それと自宅ネットがOCNを使っているので200円の割引があったからです。

ガラケー
 ●ソフトバンク 基本料金980円+通話料
タブレット
 ●モバイルONE3GB基本料金1,100円
合計 2,080円+通話料


夫のスマホをMVNOの格安音声SIMに乗換え

自分のタブレットで格安SIMを半年使ってみましたが、特に不自由は感じませんでした。
昼の12時くらいにフリーズに近いくらい接続が悪くはなります。
けれどサラリーマンのようにお昼休みが決まっている訳でもないのでデメリットは感じませんでした。

そのためB型夫のスマホもモバイルONEへ乗換えることにしました。
B型夫はお昼休みのネット接続が不自由になるというデメリットを抱えます。
けれど元々1GBも使わないライトユーザーなのでダメージは少ないだろうとの判断です。
本人も納得してくれました。

一番の不安要素は音声SIMの音声でした。
営業ではないため通話は少ないものの、仕事先からかかってくることもあるからです。
ネットでしつこく調べてみましたが音声には問題ないようで思い切りました。
アプリで「050+」を使うと最悪のようですが・・・。

仕事で使うため電話番号を変えたくないとのことなのでナンバーポータビリティー(MNP)を使って同じ番号で乗換えました。
これだと3,000円+税の手数料がかかってきますが仕方ないでしょう。
他にソフトバンクの2年縛りで9,500円+税の違約金がかかってきましたが、長い目で見れば元は取れます。

思い切って乗換えたのはappleが安いタイプのiphoneSEの販売を始めたからです。
これでSIMフリーのiphoneが5万以下で手に入るようになりましたからね。
背中を押してもらった感じです。

MPV(ナンバーポータビリティー)でしたが回線の切替はタイムラグもなくスムーズにできました。
心配だった通話は音声も接続もなんの問題も無く大手ソフトバンクと遜色なく使えています。

やはりお昼休みの時間にはネット接続が遅いようですがサイトの閲覧くらいはできます。
お昼休みと言えど仕事モードなのでさほど気ほどにならないようです。
お昼でも音声接続は問題ないです。

 ●基本料金0円(わたしの3GBとのシェア)+通話料
 ●音声SIM使用量700円
 ●シェア利用料450円
合計1,150円+通話料


次女のスマホも乗換え

B型夫の乗換えもスムーズだったので今度は次女のスマホも乗換えました。
次女はソフトバンクの定額でMAXの7GBしっかり使っていたため、
B型夫のように容量シェアするか独立させるか迷ったのですが、結局は3台で10GBコースでシェアすることにしました。

最初の2ヶ月ほどは想定以上の容量を次女が使ってしまい、容量を追加で購入しなければなりませんでした。
わたしと主人で2GBくらいしか使っていないのになぜ10GBで足らないの?

しっかりと検証した訳ではありませんが、
たぶんソフトバンクだと街中に多くの無料wi-fiスポットがあって無料で接続されますよね?

無料wi-fiスポットの利用分を含めると契約プランの7GB以上を使っていたようです。

この点は乗換えする場合に考慮するべき点でしたね。

けれど次女の使用状況をチェックしてみると、自宅でもかなりの容量をwi-fiでなくモバイル通信で使っていることが判明しました。
(モバイルONEだとアプリを使って逐次使用状況が確認できます。)

我が家はリビングに1つ無線ルータを置いているのですが、次女と夫の部屋は接続が悪いため別にルータを置いています。
そのためリビングと自分の部屋ではwi-fiを切替えしなければならないのですが、次女はその切替をしっかりしてないかったためモバイルの容量を無駄に使っていたのでした。

気をつけるように話したら10GBの容量が余るくらいになりました。
モバイルoneなら余った分は3カ月持ち越し可能で、容量の変更も簡単にできるので調整して節約したいと思います。

 ●基本料金(10GB分-3GB分)1,200円+通話料
 ●音声SIM使用量700円
 ●シェア利用料450円
合計 2,350円+通話料

AD


乗換え前と乗換え後、3台分の料金を比較

それでは3台分のの乗換え前と乗換え後の料金を比較してみますね。
20161106033450a85.png 
17,229円
こちらが乗換え前のソフトバンクの請求書です。
機種代金はすべて一括支払い済みのため、月々割が2台分そのまま割り引かれています。

2年が過ぎて月々割引が終わるとなぜだかパケット定額料金もあがるそうで、一気に5,000円ほど上がります。
そのため思い切って乗換えを決意しました。


20161106033448065.png 
1,817円
こちらが現在のわたしのソフトバンクガラケーの料金。

現在は通話料別料金ですがガラケーの通話し放題プランは基本料2,200円です。
(スマホは2,700円)
今月の通話料は746円で、後500円ほど上乗せすれば料金を気にせずに通話ができます。
今のところ不自由はしていないのでこのままいこうかと思っています。

なぜだか請求書はiphone5sのままになっていますね。
今使っているのはガラケーでSH001という機種です。
ガラケーは電池持ちもすばらしく長いし、とにかく軽いです。


20161106032916cc8.png 
5,326円
モバイルONEからの請求書です。
一番上のフレッツ基本料金860円は自宅のネット接続料金の一部なので携帯代と別計算です。
通話料は2人で520円。

夫や次女との家族間通話はipadminiのFaceTimeのオーディオ機能を使っているので無料

ipadminiだと音が広がるので聞き取りにくいですけどね^^;

去年10月の請求分17,229円-今年9月請求分6,749円=10,480円

MVNO乗換えで毎月約1万円の節約になりました!!


一年にすると軽く10万以上の節約になります\(^o^)/


乗換えのメリットデメリット

MVNOの格安SIMに乗換えたメリットとデメリットを考えてみました。
一般的に格安SIMのデメリットはお昼の12時前後と夜の接続がイラつくほどに遅くなることです。

その点では我が家の場合はほとんどデメリットはありませんでした。
B型夫は元々ネットハードユーザーではなく、自宅wi-fiでニュースや趣味のサイトを見るくらい。
次女の仕事も休み時間がずれるからです。

お昼休みの時間がキッチリと決まっている学生さんや会社員は、せっかくのお昼休みにネットに繋がりにくいのはストレスが溜まるでしょう。
そのためきっちりお昼休みが決まっている長女にもお勧めはしていません。


他にも使用しているスマホが故障してしまった場合、代替機などの対応はなく自分でなんとかしなければならないことも覚悟しなければなりません。
(iphoneの場合は独自の1年保証と任意の2年保証がありますが修理中の端末貸出サービスはありません。)
この点は大事に使ってもらうことを願うばかりです。

メリットはなんといっても割安な料金でしょう。
他には2年縛りの呪縛から開放されたことでしょうか。
この開放は家計を預かる主婦にとってはかなりの爽快感です。


端末や違約金、手数料などのハードル

今回乗換えに際してSIMフリーの端末を用意しなければなりませんでした。
これは結構なハードルですよね。
大手携帯会社だと分割払いができるのでハードルは下がります。
けれどiphoneですとapple公式サイトでの購入ならば、無利子のローン払いも可能ですし、
フリーテルなどシンプルですが良質で格安のスマホも多く販売されています。

またモバイルONEはdocomo系、mineoマイネオはauとdocomo、Y!モバイルはソフトバンク系のスマホがロック解除なしでそのままで乗換えできます。
他でもネットでちょっと調べれば多くの情報が拾えます。
上手に乗換えすれば安い経費で済ませることが可能です。

大手携帯会社の2年縛りの違約金も大きなハードルです。
2年ごとの契約の縛りと、機種変からの2年縛りの2重縛りでガチガチに締め付けられている訳ですね。
どちらも違約金は9,500円+税、大きな出費です。

他に番号を変えたくなければMNPナンバーポータビリティーの手数料3,000円+税もかかってきます。
またモバイルONEの場合、音声SIMだと6ヶ月以内の解約で8,000円の解約違約金がかかってきます。(2年縛りはなし)

長い目でみれば乗換えする方が節約になりますが、違約金や契約時のSIM代金にかかる諸費用は解約、契約どちらの携帯会社にもしっかりと確認しておきましょう。


乗換えで損する人

乗換えで損をしてしまう人もいます。
それは通話をよく利用する人です。
MVNOのほとんどは通話の割引プランがありません。
そのため日ごろ通話し放題プランでよく利用している人は損することになります。

通話をよくするけど、少しでも料金を抑えたいと言う方は
わたしのようにガラケー+スマホかタブレットの2台もちにして、ガラケーを通話し放題プランにすれば料金を抑えられます。

Y!モバイルは他のMVNOよりは割高ですが、通話の割引プランがあるので検討してみてもいいかも。
またモバイルONEも5分かけ放題プランなど新しいプランが最近できたので、今後選択肢は広がっていくしょう。
妥協できるところは妥協して上手に節約できればいいですよね。

電力会社の見直しでも乗換えの手間をかけるだけで年間2万以上の節約ができました↓

お勧めのipadmini4のカバーはこちらです↓


AD

 

 


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加