スポンサーリンク
あんこです。
先月にマキタのコードレスハンディ掃除機4070Dを購入し、一ヶ月使い倒してみました。
これが思った以上に使いやすくてお勧めだったのでレビューします!
マキタ掃除機4070D3 
7年使ったハンディ掃除機が動かなくなったため、強力パワーとネットで評判のマキタの掃除機に買い換えました。
主にクィックルワイパーをかけて集めたゴミを吸い取ったり、汚れた時にサッと使ったりとセカンド的な使い方を想定して価格重視で8,000円以下のこちら4070Dを選択しました。


20161017012652510.png 
こちらが一ヶ月使い倒した感想。
正直8,000円以下の掃除機はさほど期待していませんでした。

マキタ掃除機4070D 
手前が以前に使っていたハンディ掃除機、左奥がマキタ4070Dです。
比べてみるとかなり安っぽくて、以前の掃除機と違って自立ができません。

こちらを購入する時にが自立ができない点が最大のマイナス要素でしたが、
「自立が出来ない=ヘッドがコンパクトで小回りがきき軽い」
ということに使ってみて実感しました。

マキタのコードレスハンディ掃除機4070Dを実際に使ってみたメリットデメリットを細かく説明してみるので参考にしてみてください。


マキタハンディコードレス掃除機4070Dデメリット

①自立できない
これが最大のデメリットです。
自立ができないと収納に困りますよね。

②音がうるさい
口コミで音がうるさいと聞いていたので、さほどは気になりませんでした。
けれど小さなお子さんがいらっしゃるご家庭だと昼寝の合間に掛けられないかも。

③横からの風が気になる。
20161017021849ec1.png 
わたしは音よりも横の通風口から出てくる風が少し気になりました。
慣れればどうってこともないですが。。。

④すぐにパイプが外れる
マキタ掃除機4070D3 
一番上にあるパイプは軽く本体に取り付けるだけなので、ちょっとした衝撃で外れます。
反面軽いという良い面はあるのですが使用中に外れるとイラッとします。

⑤手入れが面倒
紙パックではないため、本体をはずし手で掃除します。
マキタ掃除機4070D12 
掃除の時にはこのように、本体をカパッと外さなければならず面倒くさいです。
そのため、画像のように下に新聞紙やチラシなど敷く必要があります。
同じタイプの紙パックは1枚50円ほどで購入できますが、本体にあわせて小さいためすぐにゴミがいっぱいになってしまうという口コミも多いようです。
手間を省くかコスパをとるかという選択になりますね。

AD

マキタコードレスハンディ掃除機4070Dメリット

①軽くて機動性がいい
とにかく軽くて小回り抜群です。本体重量は1k以下。
マキタ掃除機4070D 
以前の自立式の掃除機は下に重心があるためヘッドが大きく小回りがききませんでした。
画像を見てもヘッド部分が2倍くらいですよね。そのため吸込む範囲は大きいですが、ドアの隙間やトイレのパイプ下までヘッド届きませんでした。

マキタのハンディ掃除機は軽くてコンパクトなため隅々のスキマも入ります!
そのためクイックルワイパーを掛ける必要がなくなってしまいました(´・ω・)
おかげで時間とシートの節約になり、うれしい誤算。
今ではクイックルパイパーはウエットシートだけ使っています。

②持ち手すぐしたの運転スイッチが便利
持ち手にスィッチがあるため、慣れないうちは軽く握っただけでスイッチが入って動き出し、不便だと感じていました。
けれど使い慣れてみると掃除機本体が軽いため、片手に軽く持ったまま(握らなければスイッチは入りません)イスなどをどかすことができて、スイスイと短い時間でフィニッシュできちゃいます。

③短いハンディコードレスになって持ち運び楽々
マキタ掃除機4070D11 
このように長いパイプを外せば本当のハンディー&コードレスに。
本体がとにかく軽いので、棚や冷蔵庫の上をイスに乗りながらかけられちゃいます。
もちろん持ち出して車の中にも使えちゃいます。

④軽くててパワフルなのにコスパ抜群!
これだけ使えてなんと8,000円以下。
前に使っていた掃除機は1万ちょいだったと思うのですが、それよりも吸引力があります。

⑤充電3時間で10分稼動
以前(古いものなので一概に比較はできませんが)の掃除機は8時間充電で10分稼動でした。
そのため一日に1回しか使えないような状態でしたが、こちらは3時間なのですぐに充電ができて便利。
その上軽いのでクリックルワイパーよりも手軽で便利です。


まとめ

正直安いからたいしたことないだろうとなめてました|ω・`)
こんなにヘビロテするとは思ってもいませんでした。

けれど想定以上に使用頻度が高くてゴミを捨てる作業が面倒くさいです。
こんなに使えるなら、もう少し予算を高くして紙パックタイプにすればよかったかも。。。
クイックルワイパーシート代が紙パック代に変わるだけですもんね。

後ネックなのは自立してくれないこと。
本体の上にひっかける金具があるので壁のフックにかけることができます。
けれどそれだとササッと手に取ることができないため使い勝手が悪いです。
現在専用スタンドの購入を検討中。


最安値!7,150円の楽天ショップを発見

わたしは8,000円で数十円のおつりがくるお値段で購入しましたが、
なんと送料・税込み7,150円で購入できるショップを発見しちゃいました\(^o^)/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【マキタ】【電動クリーナー】充電式クリーナー4070DW
価格:7150円(税込、送料無料) (2016/10/17時点)


紙パック式ならコチラ↓最安値の送料・税込み8,689円

マキタコードレスハンディクリーナー専用スタンドの最安値はこちらです。
マキタのコードレスハンディタイプならどのタイプでも使えるみたいです。
充電器をフックのかごに保管できるようになっていて便利です。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加