スポンサーリンク
あんこです。
パン屋さんで正社員として働く次女は厚生年金でなく国民年金です。
将来的に少しでも受け取る年金を増やしたいと付加年金に加入しました。

aa09a02f1cd199fd924418fd5a7c32ab_s.jpg 

国民年金の付加年金制度って知っていますか?
国民年金第1号被保険者が月々支払う保険料を400円上乗せすることで、将来に受け取る年金を増やすことが出来る制度です。
わたしは娘が国民年金保険の国民年金第1号被保険者になってから色々と調べていて知りました。
国民年金第1号被保険者とは
20歳以上60歳未満の自営業者・農業者とその家族、学生、無職の人等、第2号被保険者、第3号被保険者でない者

大雑把に言えば自分で国民年金料を自身で支払っている人が加入できる制度です。
わたしのように主人の厚生年金の扶養内で国民年金に入っている第3号被保険者には加入はできません。


国民年金の付加年金制度はリターンが大きい

 月々400円を上乗せすることで、将来貰える年金がいくら増えるかと言えば、200円×付加保険料納付月数となります。

国民付加3

正直言って、この公式サイトの説明わかりにくいですよね。
付加年金を40年間納めた場合、将来の年金額が年間96,000円増える計算となります。
400円を40年間納めた総額は192,000円になるので、2年間で元が取れるということになりますね。

平成28年度の国民年保険料で40年間支払ってどれだけで元が取れるか単純計算してみます。
国民年金保険料
16,260円×12ヶ月×40年=7,804,800円→年間780,100円(10年で元が取れる)
付加年金保険料
400円×12ヶ月×40年=192,000円→年間96,000円(2年で元が取れる)

国民年金は掛け金の元をとるのに10年かかるのに対し、付加年金分は2年で元が取れます。
付加年金が掛け金に対し、どれだけリターンが大きいかわかりますよね。


付加年金は掛けた分だけちゃんと戻ってくる

付加年金は途中で厚生年金に移行したり、結婚して第3号被保険者になったりしても大丈夫。
掛けた月数×200円が年金に上乗せしてもらえるため、何年掛けたとしても2年で元が取れます。
また、定額制なので物価スライド制などに影響されることはありません。


付加年金は申請制です

こんなお得な制度ならもっとみんな利用すればいいと思うのですが、ほとんどの人は知らないんじゃないかと思います。
申請しないと受けられない制度なので、知らないままだと損をしてしまいますよね。
残念ながら遡っての加入はできませんので、国民年金第1号被保険者の方はすぐにでも申請手続きをしましょう。
*国民年金基金に加入している方は、付加保険料を納めることはできません。


付加年金の加入手続きのやり方

実際に娘の国民年金付加年金の加入手続きをしたので手順を説明します。

①お近くの年金事務所に電話をします

この時に年金基礎番号が必要なので年金手帳または年金の振込み用紙などを用意しましょう。

②年金事務所から加入申請の用紙が送られてきます

国民付加2 
返信封筒が同封されているので記入して投函しましょう。

③「国民年金付加保険料納付申出受理通知書」が届く
国民付加 
つまりは申請書を受理しましたよという通知が届きます。
この通知が届いてから、新しい年金保険料の振込用紙が届くまで2週間近く時間がかかった気がします。
時期にもよるかと思いますが気長に待ちましょう。

④新しい年金保険料振込用紙が届く

国民付加1 
新しい振込用紙が届きました。400円上乗せした金額になっていますね。
原則は翌月末までに保険料を納めることになっていますが、こちらの振込用紙は2年間有効です。

せっかく高い国民年金保険料を支払っているのなら、付加年金にも加入することを是非お勧めします(^-^)/

国民年金の保険料納付にはnanacoカードを使ってお得に支払いましょう↓

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加