スポンサーリンク
あんこです。
昨日は実家へ顔を出してきました\(^o^)/
実家の冷蔵庫が賞味期限切れだらけになってるらしいとの次女姉からのLINEで、わたしが出動することに。

20160930141645420.jpeg 

単身用の小型冷蔵庫なのに賞味期限の品がわんさかと出てきます。
以前に冷蔵庫を整理したのはGWくらいなので4か月分くらいでしょう。

カネマツの黒豆やらひじき豆やらが10袋くらいでその半分以上が賞味期限切れ。
他に多かったのがはんぺいにがんもどきなどの練りモノ、これは全滅。
なぜか未開封のしょうがが2袋干からびてました。
チューブ買おうよ、チューブ(´・ω・)

お肉や魚もうちが買うより高くておいしそうだけれどほぼ全滅。。
生ものは賞味期限が古いものでも半月くらい前だったので、母がちゃんと自分捨ててるのかも。
他にウインナーやハムなど買い物袋1袋いっぱいくらいが生ゴミ行き。

生ゴミの収集日は我が家も実家も朝出したばかり。
まだ暑いし3日も冷蔵庫から出しておくと腐って臭いし、虫がわいちゃいます。
仕方なく冷蔵庫に詰め込んで、月曜日にゴミに出すようにと念を押しました。

玉ねぎは2袋、じゃがいもは5袋もあった。
じゃがいも1袋は芽が出すぎてて捨て、他は1袋づつを残して持ち帰ることに。
袋で買わずに単品で買えばいいのにね。

1日前の賞味期限のかまくらカスターが2つ、これは次女とわたしのおやつ。
2日前の消費期限のシャケが1匹、これはB型夫の夕食メイン。
3缶詰まれた井村屋の大きなあずき缶は、我が家の常備品でもあるので1缶を残して回収。
こんなに大きな缶どうせ開けないでしょう。


それでも、と思います。
スーパーで食べようと思って買ってくるのならいいじゃない。
外に出れば気分転換にもなるし、買い物はストレス解消にもなります。

80を過ぎてここ2年ほどで目に見えるほどに落ちてしまった肉、
これは自然の摂理で仕方ないのでしょうが、
食べることに興味を持てなくなるほうが怖いのです。

70歳まで働いていた母の年金は、
スーパーで好きなものをカゴに入れたくらいでは困ることはないでしょう。
ただ、根が貧乏性なので封を開けてもいない食べ物を捨てるのが気が引てしまう。

わたしがもう少しコマメに顔を出し、回収してくればいいのよね。
こちらも食費が節約できるし一石二鳥じゃない。
とは思えど、50歳を過ぎるとものぐさに拍車がかかってしまってキビキビと動けない。

帰りに”おみやげ”といって
明日が賞味期限のかるかん5個入1袋と鎌倉の半月を渡されました。
かるかん、なんとか救済できてよかった(笑)

「また来るね~。」とドアを閉じる。
母は外まで出てきて手を振っていた。
本当に近いうちに来ようと自分い言い聞かせました。

AD


母はわたしの30年後の姿。
いやいや、母は耳は遠いが健康で自分で買い物にも行ける。
冷蔵庫はゴチャゴチャだが、部屋はこぎれいに掃除している。
そんな元気な母のようにはなれないかもしれない。

家で次女と賞味期限が切れてしまったかまくらカスターを食べつつ、
そう思うのでした。


関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加