AD
昨日は心に淀む毒姉(長女姉)のことを書いてスッキリしました。
思いがけず「拍手」もいただき勇気をもらいました。
もう少し姉のことを吐き出して心を軽くさせてくださいね。

PPG_hannnyanoyounaneko_TP_V.jpg

AD

 
長女姉の独裁ぶりは小さな頃からでした。
確かに一人だけ歳が離れおり、姉弟4人で並んだ写真は長女姉が巨人のように見えます。
今ではわたしの方が背が高いですが、、、。

働いていた母親に代わって、
夏休みなどは姉が母親代わりに小さなわたしたちの面倒を見ていた時期もありました。
姉はかなり怖い存在で、小さなわたしたちは口ごたえなんてもってのほか。

次女姉は買ってもらったばかりの筆箱と鉛筆を捨てて焼かれたし、
わたしは理由は忘れましたがほうきで鼻血が出るまで叩かれました。
鼻血を見てひるむどころか、
「これくらいで勘弁してもらえると思うなよ!」と叩かれ続けました。

それは姉が高校生になる前くらいまでのほんの短い時期だったはずですが、

「三つ子の魂百まで」で、あの恐怖で洗脳されてしまったのでしょうね。

その後50年もわたしは姉に振り回されることになります。

自分が気に入らないと徹底的に相手がダメージを受けるまで打ちのめすタイプですね。
次女姉とは”某国の最高責任者の制裁”みたいだねとよく言ってました。
姉を断捨離した今思えば、ゾッとするような独裁者ですよね。

いい大人になってからも姉の介入は続きます。
娘たちの躾や教育にまで実母や義母よりも口出しをしてきたり。
常にみんなを徴集してはどこかへ出かけたりしたがります。
頂点にいるのが心地よいのでしょうか??


AD

一番腹立たしかったこと。
わたしは40歳前に股関節をrao手術受けました。
片足3ヶ月×2(両足)の入院+抜糸のための入院1週間。
そのためにパートをやめて、手術以降は働きにでていません。

せっかく家族に迷惑をかけてまで3回も入院して手術したのです。
無理をしてパートに出て手術した足を台無しにすることが怖かったのです。
好きで働かなかった訳ではありません。

そんな事情は知っているくせに、長女姉は働かないわたしのことを怠け物だと事あるごとにバカにします。
外食などで高めのメニューを選ぶと「無職のくせに」と嫌味を言ったりされました。
B型夫に言われるのならまだ許せますが、なぜ長女姉に言われなければならないのでしょう?



5年前のお正月にとうとう限界を超える事件が起こりました。
事件と言っても、いつものようにわたしが言われっぱなしだったのですが、、。
わたしはこのお正月事件がキッカケでうつ状態手前になりました。

元旦から半月ほどその時に言われた言葉と仕打ちが忘れられず、
ずっとB型夫に当たりまくっていました。
怒りと悔しさと言い返せなかった情けなさに支配され、日常生活もままなりませんでした。
今でも、あの時のことを思い返すと悔しさで涙がでてきます。

「そんなに怒っているのなら、俺にいわずに本人に言えよ。」
その夫の言葉で思い切って姉にメールをしました。

半月ずっと怒りが収まらないこと。
わたしにも悪いところはあるかもしれないけれど、
あんな酷い仕打ちをされる筋合いはないようなことを書き連ねました。

姉の返信はすぐにきました。


そりゃ悪かったね。
わたしにも言いたいことならたくさんあるわ。



わたしが姉に怒りを露にしたのはこれが初めてでした。
かなり悩んだ挙句に送ったメールの返事がこれです。
姉にとっては躾の悪い飼い犬が吠えてるくらいの認識でしょう。

この事件以来、わたしは元旦に実家には行っていません。
大晦日に一晩泊まり、姉たちが来る前に帰ります。
母には申し訳ないとは思いましたが、長女姉に会わない日々は平和でした。

このまま平和が続いていればよかったのですが、
残念ながらまた姉との付き合いは再開してしました。
きっかけは長女姉の甥っ子の結婚式です。

長くなりましたので次に続きますね。

こちらの記事もどうぞ↓
苦手な姉を断捨離!人生折り返しの50歳からは気楽に過ごしたい


スポンサーリンク

 

 

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加