スポンサーリンク
高畑裕太容疑者の強姦事件が世間を騒がせています。
わたしは高畑淳子さん好きなので、本当にお気の毒です。
同じ年頃の子を持つ親としても心を締め付けられます。

kemusi.jpg

わたしには20歳と25歳の子供がいます。
2人とも娘なので今回のような性犯罪は本当に腹立たしい!
一生刑務所に放り込んどいて欲しいくらいです。

しかも送致される車の中でも
顔を上げて周りを見回す堂々っぷり。
「本当に反省しているの?」と思ってしまいます。


これについては
「ワイドスクランブル」では
性(女性)に対する”認知のズレ”といった解説をしていました。

この”認識のズレ”がある人は
女性に対して「人」でなく「モノ」を認識する部分が脳で働くそうです。
「モノ」として認識するということは
自分の行動に対して相手が「どのように感じるか」などは考えない訳です。

相手がどれほど嫌って泣き叫ぼうが、懇願しようが
自分が楽しいのだから、相手も楽しんでいるとしか認識できない。
捕まっても運が悪かったくらいにしか思わず、反省することはない。

いくら教育や説得をしてもこの「認知のズレ」を改善することは難しいらしく、
性犯罪者が犯罪を繰り返してしまうのはこのためかもしれません。

これは親の躾の問題や成長段階での問題でもなく
生まれついて持っているものだとのこと。
そうなると自分の息子がこのが持って生まれたとしたら
親にはどうすることもできないということですよね。

逮捕されて「申し訳ない」と繰り返しているのは
事件を起こしたことで仕事に迷惑をかけてしまった事実に対してでしょう。
(実際に”被害者の方に申し訳ない”という言葉ではない。)

AD


それならば男の子を生むということは
万が一のリスクを伴うことになってしまう。
親は一生その責任を負うことになるのでしょうか?

それでなくとも
男の子って「通り魔事件」や「猟奇事件」で
世間を騒がすことがあります。
もちろんこれはほんの1%にも満たない微細な数字ではありますが、、。


これを書いたのは「高畑さんの育て方が悪い」
との批判を当然のようにTVでコメントされているからです。
全ては親の躾、教育だけの問題なのでしょうか。

もちろん高畑さんに全く問題がないとは言いませんし、
高畑祐太が芸能界で花開いたのは母親である敦子さんの尽力と人脈であり、
その責任も問われるでしょう。

先ほど”バイキング”でIKKOがさんが「高畑さんの育て方に問題がある」と発言されてました。
正直子どもを育てたこともない人に言い切る資格はないと思います。
どの子も説教してわかってくれれば子育ての悩みなんてないですよ。

同じように育てても2人、3人と育てればそれぞれの個性があります。
言い聞かせればわかる子もいれば、何度言っても聞かない子もいる。
どの親だって悩みながら、時間と労力、愛情を注いで子供を育てているんです。
(今回の性を”個性”というのかどうかわかりませんが、、、。)


高畑さんが会見で息子に甘すぎるとの批判はその通りだと思います。
>何があってもお母さんだから、
>何があってもお姉ちゃんだから、

しかしです。
もし、この”認識のズレ”というのが本当であるのなら、
こんな風には考えたくないですが問題は繰り返されるかもしれません。
その時に高畑さんは母親として心中するのはご自身の意思ですが
お姉さんを巻き込むのはどうかと思ってしまいます。
彼女には彼女の人生があるのですから。

高畑さんの問題は子供に愛情を注ぐあまりに
いつまでも自分のテリトリーに囲い込んでしまっていることかも知れません。


被害者の方が1日も早く日常を取り戻されますように。


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加